さまざまなタイプの中から目的に応じて最適な一台を探すことができる。

適正価格か

同じような条件のバスがいくら位になるのか相場をリサーチしておくことが重要です。コストパフォーマンスが良い車両を選ぶようにしましょう。

バス購入時にチェックすべきポイント

腐食していないか

一見キレイで問題がないように見えても、必ずバスの下に入って、穴がないか腐食の形跡を確かめましょう。腐食が深刻であれば高額な修理費用になるため、事前にハンマーで叩くなどしてチェックしましょう。

エンジンをチェック

自動車の要ともいえるエンジンのチェックは重要なテーマです。排圧をチェックして、オイル漏れや異音などがないかきちんと丁寧に確かめていきしょう。

外装がキレイか

塗装が禿げていれば、再度塗り直す必要がありコストがかかってしまいます。また、板金が必要な場合もあるでしょう。しっかりと隅々まで見るようにしましょう。

空調や内装に問題はないか

快適に車内で過ごすためにも、エアコンの調子や、オーディオ、シートの状態など細かくチェックしておきましょう。修理費用がかさむこともあるため注意が必要です。

どこで走っていたのか

そのバスが使用されていたエリアによって、バスの状態を知ることができます。雪深い地域や海の近くであれば、雪や塩害によって車体にダメージがかかりやすくなります。

人気の中古バスランキング

no.1

ワンオーナー

中古車で人気が高い条件といえば、ワンオーナーがあります。オーナーがコロコロと変わると、運転手の癖も変わり、自動車の性能面にも影響が出やすくなります。

no.2

車体がキレイ

見た目の問題はとても大きいです。また、メンテナンスの必要がないキレイな状態であれば、修理コストを気にしなくてもよいですし一石二鳥だといえます。

no.3

安心できる

信頼できる販売業者から購入すれば、どのような経路でバスが流通してきたのかがチェックできます。理由もわからず費用が安いバスは不安要素が大きいためできるだけ避けた方が無難です。

no.4

安全性が高い

定期点検の履歴がわかる中古バスであれば、より安全性に期待できます。整備の記録やパーツの交換など状況がわかるバスを選ぶオーナーが多いです。

no.5

設備が良い

最近人気が高いのがデイサービスなど高齢者が利用するシーンで活躍するバスです。電動リフトなど車椅子に対応しているものは、特に利用価値が高く需要が伸びています。

さまざまな車両がある

複数のバス

マイクロバス

バスにはさまざまな種類があり、路線バスや観光バスなど大型バスも多数あります。大型バスや小型バスは業者用がほとんどで、一般的には利用しやすいマイクロバスが流通しているといえます。中古のマイクロバスをキャンピングカーにするオーナーも増えています。

利用目的で選ぶ

マイクロバスを購入するときは、どのようなシーンで利用するかによって最適なものを選ぶことができるでしょう。園児や生徒を送迎する幼稚園バスやスクールバス、移動販売用の車両など、目的に合ったタイプのバスを探すことが可能です。

注意すること

大型バスを運転するのであれば、もちろん大型車の免許証が必要ですが、マイクロバスでも中型自動車免許証が必要になります。必ず免許証を持っている人が運転しましょう。自家用で使用するケースが多いのでマイクロバスの需要は高くなっており、免許取得も人気となっています。

大型バスの設備

観光バスや路線バスの購入を検討するときには、設備に着目しましょう。シートタイプも多種多様ですし、バリアフリータイプも多く登場しています。また、カラオケやテレビ、冷蔵庫などの設備が充実しているバスもあるため、利便性に富んだタイプを選ぶこともできます。

売りたいときは

手持ちのバス車両が不要になった場合も、中古バス専門業者に依頼すれば高く買取ってもらうことが期待できます。査定してもらって、即日で現金買取してもらうことが可能な専門業者もあります。維持をするだけでもコストがかかる不要車は早めに買取依頼をしていきましょう。

広告募集中